平成28年 行事予定

             平成 29 年度 (2017)

・春期彼岸会

                3月20日 (日)  御前11時

             冬を元気に乗り越え 春の楽しみが近づきました
             わたしたちの命は はるか昔の先祖から受け継いでいます
             先祖に供養をし 子孫に今の自分の尊さを知らせましょう
             わたしのなかに たくさんの命がいるからです

             


・節分追儺式会 (せつぶんついなしき)

                1月29日 (日)   午後1時

               今年はじめての節目になります
               旧暦では1月28日が正月元旦となります。
               新年には災いをさけるため、御幣束をかざります
               身を清めて神仏の御前にて時をすごします
               その名残が除夜の鐘です。

             

              そして、
              邪悪の者から身をまもり、魔障をよけるために
              豆をまき退散せしめるのが豆(魔滅)まきです

                   ご家族おそろいでご参詣ください

・ 新年拝賀式

      1月1日    午後1時より法要
                        並びにお焚きあげ


               

           新年を迎えお祖師さまご挨拶をしましょう。
                    本年の除災得幸と無病息災を祈願します。

・・・・・・・・・・・・                                   ・・・・・・・・・・・・・・


             平成 28 年度 (2016) 

・お会式 法要
          日蓮聖人第735遠忌

    10月2日
            正  午  法話
            午後1時  法要


        


    私たちを見守ってくださる日蓮聖人の
         ご遠忌の法要です。ご参集ください。



・秋季彼岸会
   
(しゅうき ひがんえ)

    9月22日  午前11時

       
秋はご先祖さまに今年報告をします。
       
私たちが帰るのはご先祖のもとです。


        


・盂蘭盆会
   
(うらぼんえ)

    8月16日   午前11時

   
並びに、日蓮聖人のご母堂さま
       妙蓮尊儀の750遠忌法要

       
お塔婆供養 梵焼 をおこないます

      
 ご先祖は皆様の供養を楽しみにしています。
      
 みなさまお揃いでお参り下さい。

        


・立教開宗会
   
(りっきょうかいしゅうえ)

    5月15日 (日)

   
 日蓮聖人がはじめて法華経を弘められた
    
報恩感謝の法要です
   
 私たちの信仰の根本となる
    
大切な日です

        



・春季彼岸会

    3月20日  
春分の日

               午前11時

            春は行動のはじまりです。
            生かされていることを 先祖に報告し
            しあわせな社会づくりに
            貢献しましょう

          


・節分追儺式
    (豆まき)

    1月31日 (日)  午後1時

           
新しい年は節分から始まります。
               1年の息災を祈願し、
               我が身に起きる災厄を
               払う行事です

           


元旦熱湯祈祷会

 
 1月1日  午後1時より
         
 おたき上げ

          

  
みなさま、お揃いでお参りください。

  ****************** *******************


     
平成 27 年度 (2015) 乙未

・御会式法要

  10月4日

   正 午  法話
       苫小牧法華寺
ご住職 小松靖孝上人

    午後1時   法要

      


・秋季彼岸会

・妙覚寺60周年記念法要

 9月23日  午前11時

   
一尊四菩薩 木造  御開眼

  
一尊とは法華経如来寿量品の久遠実成の
  釈尊 のことです

  四菩薩
とは、本化上行・無辺行・浄行・安立行菩薩の
  
ことです



  法華経の教えが勝れているのは、
  釈尊の仏としての生命が永遠(久遠)である
  ことを説いているからです。そして、
  四大菩薩は久遠の弟子であることを証明されて
  いるからです


 
 
妙覚寺においては、開創日延大法尼の念願
   が実現された尊い日になります。


   ご参詣のご案内をいたします。

    


・盂蘭盆会

  
 8月16日  午前11時

        
送り火供養


     


・立教開宗会
 
 (りっきょうかいしゅうえ)

     
5月17日(日)   午前11時

  
 立教開宗は日蓮宗の誕生の日です。
    日蓮聖人は出家された清澄寺
において
   
 釈尊の教えの真実は法華経に説かれており、
    成仏の教えは法華経であることを
    人々に説き広める決意をされた日です。
    日蓮聖人のご恩徳を讃え報恩の法要です。


      

・春季彼岸会


       3月21日(春分)  午前11時

     北海道の厳しい冬も春の彼岸までと言い、私たちの先祖は耐えて
     うれしい春を迎えてきました。私たちをあたたかく育てて下さった
     祖霊にご供養をして感謝の心を伝えましょう



・節分会追儺式(せつぶんついなしき)

     2月1日    午後1時より

      平成27年の立春
     季節の変わり目である節分には、邪気が生じるとされます。
     それを追い払うために豆を用いた行事です。

         


・新年拝賀式

   平成27年1月1日  午後1時

           例年とおり本堂にて新年のお参りをし、おたき上げをします。
           木札・鬼子母尊神さまの御札をお渡しします。


          


・11月28日   午後1時

         東日教上人第四十三回忌法要

              当山開基 
              大本山正中山法華経寺第131世
              正中山奥之院中興
              身延雄瀧弁天堂開山

           
                    東日教上人の御親筆
              「根深ければ枝繁し。源遠ければ流れ長し」

・10月5日

          御会式

              日延大法尼の第二七回忌法要

                    正   午  法  話
                       浦河 圓久寺  古田智康上人
                  午後1時   法  要


          


          
                        百 日 紅



・9月23日

            秋季彼岸会

                午前11時

        すっかり涼しくなり、夏日が少ないため秋の収穫はどうでしょうか。
        私たちの先祖も自然環境のなかで人生を歩んできました。
        法華経の信仰は安穏な自然を回復すると日蓮聖人は説いています。
        法華経は仏になることを教えています。
        法華経は諸仏の眼目として、諸仏・諸菩薩・諸天善神が守護しています。
        秋の彼岸は信仰を見直す時であり、
        先祖の成仏を願い功徳を手向けて報謝する時です。
        その手引きをされるのは日蓮聖人です。
        お寺にお参りされますよう、ご案内申し上げます。

          


・8月16日

             盂蘭盆会

      午前11時   法要
                お塔婆送り火

        ご先祖の供養は生きている私たちができる
        最上の孝養です。亡き人たちはお盆のご供養を
        楽しみに待っています。ご家族お揃いでお参りし、
        お経をあげお焼香しましょう

           


・5月18日

      午前11時

             立教開宗会

        日蓮聖人が法華経を弘める決心をされた日です。
        今年は762年目になります。
        お祖師さまのもとに御参集下さり
        御報恩と信徒としての信条に
        誓いを立てましょう


・3月21日

      午前11時

             春季彼岸会

         きびいし冬を乗り越え春の日差しが廻ってきます
         ご先祖に感謝し豊かに恵みの多い年となるよう
         お参りしましょう

           


・2月2日

      午後 1時
          節分追儺式

                  豆まきを行います


          
                余市道場地  東日教上人報恩石碑


・1月1日

      新年祝賀式       午後1時

                           梵焼式(おたきあげ)


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

・御会式法要

    10月6日
              法話   正午

            鵡川静光寺ご山主 水谷寛斎僧正


              法要    午後1時


     本年さいごの法要となります。
     また、開創法尼の祥月命日にあたりますので、
     皆様のご参詣をお願いします。

          


          
                妙 覚 寺 入 口 駐 車 場


・秋季彼岸会

   9月23日    午前11時

    今年一年の実りを神々に感謝し、祖先に報告をするときです。

    
生きている有り難さを知りましょう。
    生きていく喜びを重ねましょう。



         


・盂蘭盆会

   8月16日     午前11時

         並びに 送り火供養

    現在の私たちの肉体は、はるか数千年前から受け継がれてきました。
    その祖先の願いと、希望も私たちは受け継いでいます。
    そして、子孫の幸福を私たちは願っています。

    私たちの大事な祖先に、回向供養することも、
    私たちの大事な使命です。


    お盆には皆様おそろいでお参りください。

         


・立教開宗会

   5月19日    午前11時

      「立教」とは
      釈尊が50年にわたり説いた教えの本懐は法華経であることを、
      私たちに知らせることをいいます。
      「開宗」とは
      その法華経を不惜身命の誓願をもって行動することをいいます。

      日蓮聖人は責任感が強く、釈尊の弟子としての行いを果たしました。
      その根源にあるのは、一切の衆生を本当の幸せに導くことでした。
      仏法の厳しさ人間の業に焦点をあてて仏僧を思惟しなければ、
      日蓮聖人の行動の意味するところがわからないでしょう。


       いつも私たちを守って下さる日蓮聖人の法要には
       必ず参詣されますことを願います。


・春季彼岸会

   3月20日   午前11時

      生かされていることに気づき
      祖先を供養するときです
      春の到来は恵みの季節です
      信仰は私たちの精神力を鍛え
      神仏の加護を得ます
      お揃いでご参詣ください

          


・節分追儺式

   2 月 3 日 午 後 1 時

          


           


          




           

     


           




            我れ日本の柱とならん
          我れ日本の大船にならん
          我れ日本の眼目とならん


      

           
                寂隆院日応上人  安永2(1773)年寂




           
                       竹内栖鳳  万歳




          



              


・新年拝賀式

・1月1日   午後1時
            お焚き上げもいたします。

   平成22年10月に、先代日延大法尼の23回忌の法要を無事に執り行いました。
  皆さまのご温情に感謝もうしあげます。
  法要のおり、尼さんより「ありがとう」。「ごくろうさまでした」と言われ、感激いたしました。
  生前、尼さんから、熱湯の御祈祷について、もし、修法するならば、5年に一度にしなさい
  と言われていました。

   尼さんが亡くなってから、妙覚寺をつぐことになり、檀家の皆さまの信頼にこたえるべく
  精進してまいりました。おかげさで、納骨堂の建立、庫裡、境内地の整備、入口駐車場の
  設置など、お寺の土地は3倍以上に広がりました。弟子の真祥も荒行をおえ、現在は総本山   身延山に勤務し、修行を重ねています。
   尼さんの御言葉の意味を考えまして、私のため、檀家の皆さまの更なる信心を啓発する
  意味で、平成23年より熱湯のご祈祷を5年に1度とすることにしました。
   したがいまして、平成23年の熱湯のご祈祷は、お休みさせていただかき、次回は、妙覚寺
  の第60周年にあたる、平成27年に行う予定です。

   以上、お伝え申し上げます。合掌


平成22年 行事予定

・開創日延大法尼 第23回忌法要


           
                 納骨堂の日延大法尼のご遺骨

         納骨堂に檀家の皆様と一緒にいたいと常に申していました


            
                  7 月 6 日   庫 裡 の 庭にて



            
                          書 院 の 庭 



            
                        精龍の滝 道場

・熱湯祈祷会

  平成22年1月1日  午後1時

        



        

            

            

            
                                    (斉田稔氏撮影)


             


             
              日延法尼、弁天堂にて行中に染筆された『撰法華経』

日延法尼と精竜の滝道場

         
                          精竜の滝  日延法尼


平成16年以前の行事内容をご覧になりたい方は、こちらをクリックして下さい。